ビットコインの取引所を利用するときの利用資格は? - ビットコイン購入方法が知りたい!

HOME » 購入方法 » ビットコインの取引所を利用するときの利用資格は?

ビットコインの取引所を利用するときの利用資格は?

ビットコインを買ってみたいけど、どうやって買ったらいいか分からないという人はとても多いです。
また、取引所を利用するにあたり、利用資格はあるのかという部分についても気になると思います。
そこで、取引所を利用するときに利用資格は必要なのか見ていきたいと思います。

・取引所の利用資格はあるの?
ビットコインを購入するときは取引所から行うのが一般的と言われています。
しかし、ビットコインを始める人によっては、利用資格があるのではないかと気にしている人も多いのではないでしょうか。
取引所の利用資格は特になく、成人を迎えた人で身分証明ができるものがあれば利用できます。
これにより、借り入れやカードローンなどを利用するときのように、厳しい審査を行われることはありません。
個人情報の確認が取れれば利用できるので、借り入れを行っている場合やブラックリストに名前が載っている場合でも取引所を利用して、ビットコインを購入することが出来ます。

・取引所に本人確認の書類を提出するときの方法
取引所に本人確認の書類を提出するときは、本人情報の登録を行ってから本人資格資料の提出を行います。
本人情報はアカウント情報から登録を行い、氏名や生年月日、住所や電話番号を記入し、本人確認として提出する項目を選びます。
本人確認として提出できる書類は運転免許証やパスポート、外国人登録証明書やマイナンバーカードなどです。
これらの項目から種類を選択し、画像ファイルを添付して提出するだけなので簡単に本人確認の登録が行えます。
本人確認の手続きを行うと1日〜2日程度で自宅にハガキが届き、ハガキに記載されているバーコードを読み取れば本人確認が完了して、ビットコインを購入できるようになります。

取引所を利用するときは新規アカウントの作成をしても、この本人確認を行わないとビットコインを買うことができません。
なので、取引所でアカウントを作成したときは、同日に本人確認で書類を提出しておきましょう。
基本的には、成人を迎えていて本人確認が取れるものを提示すれば、誰でも簡単にビットコインを利用できます。
利用資格はないので今までに何回もビットコインの取引をしたことがある人はもちろん、低所得の人や主婦、学生などでも利用できるというのが最大の特徴です。
これにより、自由に使えるお金を増やしたいと考えるビジネスマンや主婦、学生などから注目されることが多く、簡単にできる投資として利用され始めています。